読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖ズボラ主婦のカンタン節約ライフ♪

アラフォー専業主婦の節約日記です。この時代節約だけじゃ生きていけないけど、節約も大事。

スポンサーリンク

家計簿、続かないなら書き方変更or書かない選択を!

こんにちは。
今日は、初夏らしく暑くて晴れた日でした^^;
日焼けが気になってきますね。
 
さて、インスタを見ていると
「家計簿、書くのが楽しい」
「やっと追いついた」
「また続かない」
 
などと、色々なコメントが見受けられます。
 
が、家計簿本来の目的を見失っていませんか?
 
家計簿は、
家計の収入と支出を把握し、目的の為将来の為に貯蓄する
 
ことが一番の目的じゃないでしょうか?
 
給料がいくらあって、
支出がいくらで、
○月にこれの支払いがあるからその分を貯めて、
老後や教育費の為にいくら貯める。
貯蓄はいくら欲しいから、この分の出費を抑える。。
 
ってことですね。
 
書くことが楽しい?
→書くことが目的じゃないです。
 それより、書かない方が「支出なし」なので良いんですよね。
 
やっと追いついた
→レシートをためてまとめて書いても意味無し。
 ためるぐらいなら、書かなくていいんじゃない?
 
また続かない
→書き方が合っていないか、そもそも必要ないのでは?
 費目を減らしたり、思い切って書かない選択もあり。
 
だと私は思うんです。
 
続かない家計簿を持っていて、頭の片隅で
気にしていても苦痛になるだけです。
 
 
春の税金祭りで、出費がゴソっとあって、
「ちょっと節約しようかな」と思っている人は多いことでしょう。
 
家計簿は、我が家という会社を経営する帳簿。
 
「経理の仕事をする」ぐらいの気持ちでないと、
続かないですよね。
 
でも、会社は赤字を出し続けると倒産するけれど
家計はわかりにくいのがネック。
 
その点も気にして、今後のやりくりをしたいものです。
 
 
 
 
スポンサーリンク